野木町のマンションガイド一覧 | 小山市・宇都宮市・下野市・古河市周辺の不動産をお探しなら有限会社プラスワン 小山本店にお任せ下さい。

小山市の不動産は有限会社プラスワンにお任せ!
電話番号電話番号_smp

野木町マンションガイド

MANSION GUIDE NOGI

<<野木町エリア紹介>>

栃木県の最南端に位置する野木町は、東京から約60km。JR東北本線が通る首都圏へのお出かけも楽々エリア♪
手付かずの自然が残る「野木町」は水と緑に癒される、歴史を感じる町

・毎年4月には、さくらまつりが開催され、花々があふれる野木町で春の訪れを感じることができます。
・毎年4月上旬に行なわれる「ささら獅子舞」は、野渡の鎮守「熊野神社」の祭礼として披露されおよそ500年前の古河公方足利成氏の時代に、病気などの魔よけや豊作を祈って始められたという伝承があります。昔さながらの木ぐるまをつけた「山車」が、彩りも鮮やかに飾り立てた笠鉾を揺るがせながら先導します。
(熊野神社は約1200年前の文武天皇の大宝3年(703年)に紀州熊野から移されたといわれる由緒ある神社です。)
・毎年7月下旬~8月中旬には、太陽に向かって咲き競う野木町のシンボル“ひまわり”畑を利用して「ひまわり大迷路」などが楽しめる「ひまわりフェスティバル!」が開催されます。フェスティバル会場で約20万本、町全体で約100万本のひまわりが咲きほこります。
・旧下野煉化製造会社煉瓦窯(通称、野木町煉瓦窯)はホフマン式の煉瓦窯で、この煉瓦窯は創業時から120年以上経過した現在においても、ほぼ原型のままで存在しており、建造物として価値が高いものです。昭和54年(1979)に国の重要文化財に指定され、さらに平成19年(2007)には、「近代化産業遺産群」の一つに選定されました。今般、煉瓦窯を未来に残すための修復工事が終了し、平成28年5月10日(火)にグランドオープンを迎えました。
・野木神社で毎年12月3日に行なわれる「提灯もみ・太々神楽」
この祭りは、奇祭といわれる御帰社祭です。 鎌倉時代に源頼朝から神田と神馬が献上されたときに、御出社祭や御帰社祭が始まりました。古くは、各郷の裸男が精進潔斎し、かけ声とともに火のついた提灯を持ってぶつかりあい神霊を迎えたり送ったりしたといわれる伝統の祭りです。地元小学生の女の子によって野木神社に奉納される太々神楽は町の文化財に指定されています。提灯もみが終わると、この地にも本格的な冬が訪れると言われています。

他にも、TOWN-NOGIイルミネーションや産業祭、歴史も自然も満喫できるサイクリングロードなどコンパクトながらも、穏やかな時間の流れる町

プレシーン野木ハイライズ 外観

プレシーン野木ハイライズ

栃木県下都賀郡野木町大字丸林富士見386-2

JR宇都宮線 「野木」駅から約400m